山梨県の高校受験|偏差値

山梨・静岡・長野の高校受験対策サイト

山梨県の高校受験|偏差値

山梨で高校受験をする場合に、目標校の偏差値が気になることでしょうし、偏差値をひとつの目安として志望校選択をするケースもあるでしょう。
ただ各高校の偏差値と言うのは、大まかな高校受験の難易度を数字で示しているもので、割り出すデーターの母集団のレベルで変わってくるので絶対と言うことはありません。

ですから一般的な模擬試験を受験して、その模試の結果が目標校や志望校の偏差値より高ければ、8割程度の人が合格するであろうと言う目安と考えると良いでしょう。
つまり、あくまでも一つの目安と言う認識が重要です。

山梨県の高校の偏差値をランキングした情報もあります。
やはり御三家と言われる高校が高い偏差値で、甲府南高校(理数科)が68、甲府東高校(理数科)が67、甲府第一高校(英語科)が67です。
ただ、大切なことは「行きたい高校に行く」ことですし、「何が目的でその高校へ行きたいのか」です。
国公立の大学進学が目的で、甲府南高校・甲府東高校・甲府第一高校に行きたいのなら、それに向けてやる気をだして受験勉強に励み、目標となる偏差値を越えるようにすれば良いでしょう。
またスポーツをすることが目的で、希望するスポーツが有名な高校を希望するのも大切なことかも知れません。

つまり偏差値は、「行きたい高校に行く」ために、ひとつの目標として合格できるように努力するための数字なのです。
ですから、その点を考慮した志望校の選択が大切で、偏差値から半分諦めた感じで志望校を選択するのは避けなければならないと言えます。
「行きたい高校に行く」という目標があれば、努力できますし学力も向上する可能性はあります。
発表される偏差値を上手に活用することも、山梨県の高校受験で大切なポイントになるかも知れません。